出会いSNS-どのSNSがもっとも会えるのか-

SNSに無駄な時間を使わないために

 

残念ながら、フェイスブックやツイッターなどで女性と会うには相当な時間がかかります。
月数千円のお金を払う方が、早く会えるとしたらどっちを選びますか?

 

すごい時間をかけて会うのか

少しの時間でお金をかけて会うのか

 

どっちが良いか決めてください。
手間をかけて会うことを前提とするなら、SNSは強力なツールです。

 

ただ、少しのお金をかけて効率的に会うことができる出会い系アプリも見逃せません。
そこで、そのことを検証していきます。

 

SNS系出会えるサイトランキング

 

現在調査をして、もっとも会えるサイトです。
ただ、狙う年齢層によって違うということをしっかりと認識すべきです。
逆に、年齢層が狙っているものと違っている場合は、かなり的はずれとなります。

 

もともとはテレクラ運営会社が設立。
よって、集客には困っていません。
集まってくる女性はいわゆる軽めの女性が多く、女子大生から社会人まで幅広いです。
ただ、ちょっと真面目な出会いならマッチしないというのが残念な特徴。

 

ちょっと軽めの20代から30代までの独身女性が集います。
若い女性を狙うならPCMAX、ちょっと上ならワクワクメールがオススメ。

 

既婚女性が多数登録をしているのがラブサーチ。
独身女性も多いが、やはり不倫掲示板などを利用するような人にはラブサーチがおすすめ。

出会える方法を増やす

 

サードプレイス

 

職場以外での出会いを考える方がいいでしょう。
特に、出会える相手を探せる場所をサードプレイスと言います。

 

その候補をご紹介してみます。
少し軽いモノから真剣度が高いものがあります。

 

出会いナシの男子の実体

 

サードプレイス(第三の場所)がないことが出会いがない状況となっています。
そこで、職場と家の往復となります。

 

最近はブラック企業などと言われることがありますが、日本企業は仕事ばかりで余暇がないことがあります。
出会いのない男女が多い特徴と言っていいでしょう。

 

そこで、サークルや習い事も含めて確実に何かを行うことが重要なんです。
そうしないと、本当に問題が大きいと言えます。

 

出会いアプリ

 

出会いアプリが増えています。
フェイスブックなどと連携をしているものが多いです。

 

このアプリの最大の弱点はフェイスブックをうまく作ってしまえば、誰でも嘘を本当のように書くことができることです。
フェイスブックを逆に言えば、構築するのが面倒であることがあります。

 

フェイスブックに、アソコに行ったとか色々と書かないといけません。
SNSを使って、自分が魅力的に投影された投稿が多いならいいと言えます。

 

ヤフーパートナー

 

ヤフパと略される、ヤフーパートナー。

 

最近はヤフパもSNS化しています。
ただ、日本で一番屈指の出会い系サイトであることは確かです。

 

ヤフーを見る人は多いので、利用者も多いです。
ただ、最近はヤフパも写真掲載をしないと男性は反応がありません。

 

ということは、顔を晒すことでバレることが増えます。
会社などの関係でなかなかそういったことができないなら少しおすすめができません。

 

利用者が多いだけにバレるスピードも早いと言えます。

 

恋活アプリ

 

恋活アプリってのは最近増えたのですが、正直質が悪いです。

 

男女の比率は明らかに男が多すぎます。
真剣度も微妙な男が多いので、結果として女性も止めるという連鎖です。

 

こちらもSNSに対応をしていますが、個人的に時間の無駄だと思います。

 

結婚相談所

 

真剣に出会い、結婚を求めているなら結婚相談所です。

 

結局、出会い系アプリではそこそこという感じです。
ただ、高い料金なので並大抵の覚悟では入れません。

 

それが一番問題があります。

社会人カップル

出会った場所

 

Q.今の彼氏とはどこで出会いましたか?

 

第1位「職場」(29.6%)
第2位「友達の紹介」(14.8%)
第3位「大学(学校)」(13.0%)
第4位「合コン(飲み会)」(9.3%)
第5位「習い事」(3.7%)
引用 https://woman.mynavi.jp/article/170425-12/2/

 

このように職場が多いが、職場で出会いがないなら、出会いが少ないということになります。
それをしっかりとチェックをするといいでしょう。

 

銀座コリドー街

 

夜の銀座で出会いを求めることができる。
バーで出会うことができるのだ。

 

そして、付き合うことができるというのが特徴。
女性は20代。

 

男性は多様だという。
少しお金がかかるが一度チャレンジをしてもいいだろう。

 

東京スポット

 

東京の飲み屋がある場所は実は出会いの場となっています。

 

六本木、渋谷、新宿など。
こういった場所にちょっと飲みに行くことができたらいいのではないだろうか。

 

出会いから不倫まで

街コン

 

大きな街コンから、オタク限定まであります。

 

趣味が合うというのは出会いでもっとも重要な要素と言っていいでしょう。
特に、参加者の話の糸口となることも多いからです。

 

異性と付き合いたい――。アニメなど特定の分野に関心が強いオタクの魅力を引き出し、「出会い」につなげてもらおうと、コンパやお見合いを企画するサービスが活況だ。1人でも参加可能になっており、好きな趣味の世界を通じ、異性だけではなく同性の友達ができることもあるという。
引用 http://www.asahi.com/articles/ASK9V5RDNK9VPTIL01S.html

 

出会い系バー

 

出会い系バーが六本木などにあります。
これは少々高めの料金設定です。

 

そして、女性が待っており男性がアプローチをするというナンパバーという感じ。
そうやって出会った男女が付き合うかどうか考えるというものです。

 

出会いカフェ

 

出会いカフェというのは、若い女性が待っています。
そして、会うことができます。

 

そうやって、徐々に男女が好きな相手で外へ出ていくことができます。
少しエロ目的で利用されることが多いです。

自治体主催

事例 札幌市

 

 

札幌市など含めて、今出会いを創出事業を自治体が取り組んでいます。
最大の特徴は、こういった主催は参加者には負担がないことです。

 

居住をしている自治体で「出会い」 などと検索をすると出てきます。
役所に問い合わせをしてもいいでしょう。

社会

国民生活センター

 

加入するなら絶対に大手を選びましょう。
どこのサイトか分からない無料でも怖いものです。

 

出会い系サイトによるトラブルは年々増えています。

 

 

出会いカフェの貧困女子

 

加計学園問題を告発した文部科学省前事務次官、前川喜平氏(62才)は、貧困女性の実地調査として出会いカフェに出入りしていたという。出会いカフェにはどんな女性がいるのだろうか──。

 

 池袋の東口。大型家電量販店の並びの通りに、出会いカフェ『K』がある。入り口で登録料と入店料計4000円を支払うと、階下のフロアに案内される。

 

 眼前に広がるのは、縦2m、横15mのマジックミラー。中に女性がびっしりと座っている。携帯をいじる者、雑誌を読む者、過ごし方は各々だが、女性からこちらは見えない。水族館の水槽をのぞき込むように、マジックミラーの前を男性客が回遊する。カーテンで仕切られたソファひとつの狭い部屋で、指名した女性と対面した。
引用元 https://www.news-postseven.com/archives/20170714_589484.html

 

出会いカフェは今、低年齢の女性が増えていると言われています。
このような状況が加速している中で、出会い系も同じような現象が起きていると言っていいでしょう。

 

出会い系規制法

 

出会い系に関する規制が厳しい理由は被害児童が増えているということになります。
若年層の利用は避けられず、これに関する規制が年々厳しくなっています。

 

 

そういったことを考えると、どうやって規制するか考えて法律が運用されています。
逆に言えば、サクラも今は規制をされています。

 

老舗のような大手サイトはこういった法律に敏感なので出会える確率が高いと言っていいでしょう。

 

法律で処罰対象となる書き込みとはどのようなものでしょうか。
事例をご紹介

 

 

このような出会い系への規制が利用者にもあります。
くれぐれも違反行為をしないようにしましょう。

全国マップ

更新履歴